フランチャイズ franchise

港屋珈琲とは

 珈琲が初めて伝来したのは、641年(寛永18年)の長崎港。
そして今も各港に届けられた珈琲が日本人の毎日を豊かにしてくれています。港は様々な場所から、品物や技術・文化が最初に出会い、渡航してきた人たちが長旅を終え、安らぎの時間を過ごす場所です。海を越えた様々な場所から厳選されたものや人が集まり、ホッと一息つける安らぎを与えてくれる場所でありたい、そんな思いで「港屋珈琲」と名付けました。

 「港屋珈琲」の有機オリジナル焙煎珈琲は最高級の有機栽培珈琲豆を港屋指定工場でオリジナルの焙煎をかけて丁寧にドリップしております。私たち日本人に合うように、酸味を抑えとてもすっきりとした雑味のない口当たりが特徴です。

 また焼きたて・手作りにこだわり、安心・安全・健康を考えた商品を取りそろえております。
 港の異国情緒と日本の和を融合したどこか懐かしさを感じる落ち着いた空間で、珈琲とお食事・デザートを楽しんで頂き安らぎの時間を過ごして頂けるよう運営しております。

空間

郊外に都心のホテルのロビーのような質と公共性のある空間を提供する。

  • ゆっくりとした配置で落ち着いた店内空間

  • 和の空間

港屋珈琲/20代~40代新しくお洒落な空間/50代以上懐かしく落ち着く空間

どの年代の方にも受け入れられやすいレンガをモチーフとした外観で、団塊の世代の方たちにはどこか懐かしく感じるけれど、 20~40代の方たちには一周してオシャレに思う落ち着きのあるデザイン。

詳細内容・資料請求はこちらから

Franchise

  • ご挨拶
  • 港屋珈琲とは
  • これまでの実績
  • 研修制度・本部サポート